FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

ボランティア

在宅介護をボランティアに頼みたい

在宅介護をボランティアに頼みたい

在宅介護をボランティアに頼みたい在宅介護は家族だけで行うのには限界があり、甘い考えだと思われます。

どんなに家族が好きでも自宅で介護するのは並大抵のことではありません。

老いた親が寝たきりで介護が必要、家族が障害者を抱えている場合、ほとんどの家族は自分達だけでなんとかしようとします。

介護施設などに入院させる事は見捨てる事だと偏見を持っている人も中にはいるでしょう。

しかし、個人や家族だけで出来ることには限界があります。

旦那さんは仕事をしていて一人きりで老いた親や障害者の介護をしなきゃいけない主婦や自分も介護が必要な年齢なのに配偶者の介護をしている方など沢山います。

そして、がんばりすぎてストレスが溜まって他の家族に八つ当たりしてしまい家庭崩壊にまでなってしまう場合や逆に介護している側が倒れてしまったりする事もあるでしょう。

それでも介護施設に預けるのは抵抗があると思っている人は、我慢せずに地域のボランティアセンターなどを訪ねてボランティアをお願いできるか相談すると良いでしょう。

「介護ボランティア」はボランティアと言っても有償の場合がほとんどです。

しかし、民間企業の介護サービスに比べたらかなり安上がりだし、有償であるほうが気兼ねする事なく自分の要望を伝えられる事が出来ます。

また、ボランティア一人ひとりの責任感も強くなりますね。

在宅介護をボランティアに頼みたい仕事内容は、家事をしたりお年寄りや病人の病院への付き添いなどが主で、サービス内容は団体によって違いますが、ほとんどの団体がサービスの内容の幅が広いのであまり大差はないです。

他にも、介護保険などで利用できるサービスで、お年寄りが日帰りで施設に通い、仲間とおしゃべりやレクリエーションを楽しんだり、給食サービスを受けられるデイケアサービスというものがあります。

同じようなサービスでミニデイケアサービスもあり、名前の通り規模は小さいですが、お年寄りのサロン的な「場」の提供をする団体もあります。

レクレーションはゲームをしたり手作りで何かをいろいろ作ったりするのでお孫さんや子供にも作ってあげたりしたら家族の絆もますます深まりますね。

できるだけストレスを貯めずに仲良く介護者と付き合って下さい、家族に笑顔が絶えなかったらきっと介護者も嬉しいですよ。